未分類

対人賠償保険というのは、自動車事故で他人を死傷させ、法律上の賠償責任が生じたときに補償される保険です。これは自分が歩行者や相手の車にぶつけて怪我などをさせた場合だけでなく、自分の車に同乗していた人も補償の対象となっていますので、友人などを乗せたときに誤って怪我をさせたとき、費用負担を保険金でまかなうことができて大変便利です。赤ちゃん07
ただし、この保険でも補償されない人がいますので、気をつけておきましょう。対象外となっているのは、記名被保険者本人の他、父母や配偶者、子どもといった家族に対しても支払いがおりないことになっています。それでは、自分の家族は一切保険金で治療費を出すことができないかというと、運転手本人もその家族も保険金の支払い対象となる搭乗者傷害保険に加入していれば、全ての費用をまかなうことができるようになります。対人賠償保険と搭乗者傷害保険は混同されることも多いですが、損害賠償や慰謝料など高額の支払いが必要になるときには前者が必要ですし、家族の治療費などの補償を付けたいときには後者が必要になりますので、安心して車を運転するには両方の特約をつけてから、保険に加入しておいた方が良いでしょう。

対人賠償責任保険で補償される人は、基本的に事故相手となっています。自動車事故によって、他人、歩行者、他の自動車の搭乗者などにケガを追わせたり、死亡させた場合、自賠責保険で支払われる保険金を超えている部分に対して、保険金が支払われるものです。
死亡の補償費、障害の治療費、慰謝料、治療中の休業補償などがされますが、対象外になっている人もいるので、注意が必要です。まず、被保険自動車の運転者本人は当然ですが、父母、配偶者、子供などの家族も対象外となっています。被保険者が行っている業務に従事している使用人が被保険者の車を使用して被害者となった場合も対象外です。また、被保険者が了承した上で、被保険者の自動車を運転した友人が事故を起こし、怪我をしたり死亡した場合も、対象外となります。この時、被保険者が助手席などに座っていても、対象外となってしまうので注意するようにしましょう。赤ちゃん04
但し、運転者以外の友人や知人が後部座席などに乗っていて、事故が起きてしまい、ケガをしたり死亡した場合は、対象となります。あくまで、他人であることが対人賠償責任保険の対象なのです。家族に対しての補償は、搭乗者傷害保険がありますので、そちらに加入するようにしましょう。

自動車保険の内容には、さまざまな項目があります。
その中でも最も基本的で重要な項目とされるのが、対人賠償です。
この項目は、自動車事故が起きたときに、他人を死傷させてしまい、法的な賠償責任を負うことになった際に、その賠償額を保証するというものです。
この項目が補償する対象となるのは、歩行者や相手車両の搭乗者のほか、自分の車に乗っていた他人になります。
他人というのは、生計を別にしている人のことです。
たとえば、親元を離れて、自分で生計をたてて暮らしている子どもが、親の運転する車に搭乗していて事故に遭い、怪我をした場合は補償の対象となります。赤ちゃん03
ですがもし、同じ子どもが親と同居し、一つの生計のもとで暮らしていた場合は、補償の対象にはなりません。
また、通常この保証は、賠償額が無制限となっている場合がほとんどです。
というのも、事故を起こして、被害者が高度な障害を負ってしまったり、死亡した場合に、加害者が高額な賠償責任を背負うことになるケースが非常に多いために、賠償額の上限を設けないことが一般的となっているからです。
なお、賠償額に上限が無いといっても、裁判などで決定された賠償責任を超える金額が支払われることはありません。

一般的に、交通事故を起こした場合、その原因を作った側が損害賠償義務を負うことになります。
しかし、交通事故の状況において、もし損害を被った者にも事故を発生させた原因、あるいは過失がある場合は、過失相殺によって被害者の過失に相応する分を減額することとなっています。
この考え方は、裁判例でも実務上も確立していて、車両の種類、事故の様子、道路交通法上の優劣関係によって、その過失割合が具体的に数字として定められています。赤ちゃん02
たとえば、加害側の過失が70%、被害側の過失が30%である場合は、過失割合7:3などという表現をします。
被害側が受けた損害額が1,000万であれば、加害側は700万円の賠償を行えばいいということになるのです。
もちろん、保険金額も大きく変わってきます。
なお、わが国では、別冊判例タイムズ『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』がよく利用されています。
同署は、自動車保険の処理をはじめ、紛争処理、弁護士による斡旋、調停や訴訟などと、交通事故の損害賠償実務において非常に多くの場で使用されています。
ただし、実際には、事故による損害総額や、当事者が加入する任意保険の補償範囲などの要因によって、過失の割合に少しばかりの変動が生じることもあり得ます。

高額な賠償金が請求される高額事故の判例があります。例えば、事故の後に介護が必要となった場合、数億円の賠償請求がされるのです。介護費用だけでなく、介護のために必要となってくる建物の改築、ホームエレベーターの設置、トイレや浴室の改装工事、精神的苦痛に対する慰謝料など、様々なものが請求されます。また、被害にあった人が高額の年収であった場合は、得られたはずの収入を補償しなくてはいけなくなります。ある判例では、医師が事故にあって死亡し、その年収が5,000万円であったため、医師であれば70才近くまで働くことが出来たという認識により、数億円の賠償請求がされていました。–¼Ì–¢Ý’è-2
高額の請求をされて裁判にまで持ち込むことになるのはそれほど多くありませんが、実際、高額の請求をされることは多々あることなのです。実際にそれだけの費用が必要となってくるため、重度の後遺症が残ってしまった時などはとても高額になります。このような高額の賠償額を個人が支払うことは不可能です。そのため、任意保険の対人補償に入っておくことが大切になってきます。また、対人補償に加入していても、その範囲や内容をしっかり確認しておかないと、後悔します。対人補償、対物補償は無制限に設定しておくようにしましょう。保険料は高くなりますが、万一のことがあった時の補償なのでとても大切です。

自動車を運転する時には、任意保険に加入することは書かせません。
自動車は強制保険である自賠責に入ることを義務付けられていますが、これだけでは補償は不十分です。
自賠責は無保険運行している自動車による事故が発生した時に被害者が何の補償も受けられない事態を防ぐために作られた保険ではありますが、その補償内容というのは最低限のものでありとても十分なものとはいえないのです。子供13

そのため、自賠責があるからといって保険に加入しないで人身事故を起こしてしまった場合、自賠責の補償を超える部分は自己負担となってしまうのです。
そのような事態になってしまうと、一生賠償金を支払わなければならないぐらいの負債を抱えてしまうこともあります。
それだけに任意の自動車保険に加入することは絶対なのですが、この際に対人賠償額を設定することができるものがありますが、この際には必ず無制限を選ぶことにしましょう。
制限をかけることによりわずかばかりの保険料を安くすることはできますが、近年では交通事故の際の賠償金額というのは非常に高額になっています。
制限をかけてしまうとせっかくの任意の自動車保険に加入する意味がなくなり、やはり保証の範囲を超えた分は自己負担になってしまうことがあるので、対人賠償の制限はなしにする必要があるのです。

車を運転している人の中には、自賠責保険に入っているから、万一事故にあっても大丈夫と思っている人がいます。しかし、それは大きな間違いです。自賠責保険で補償される金額は最低限のものであり、また、対人補償のみになっているのです。人身事故が対象とされているため、相手の車や自分の車の修理費用、ガードレールや建物などを壊した時の補償などは、まったくありません。

子供12

 

また、人が亡くなったり、重い後遺症をおってしまった場合、何億という多額の賠償金を請求されることもあるのです。しかし、自賠責保険で補償される金額は、死亡の時は3,000万円、重度の後遺症の場合は4,000万円までであるため、残りの金額は個人が支払わなければなりません。何億という金額は個人では支払い不可能です。このような事態を避けるために、大抵の人は任意保険に加入をしているのです。もちろん、保険料の支払いは多くなりますが、事故を起こした時に支払われる金額は無制限であることが多いです。そのため、多額の賠償の金額を請求されても、個人で支払う必要はなくなるのです。

 
自賠責保険だけに加入していると、万一事故があった場合、最低限の補償しかされません。しっかりと認識しておくようにしましょう。

車を運転する際、必ず加入するのが自動車保険です。
運転する車は必ず保険に加入することが法律で定められています。

 
万が一自分が加害者となってしまったときに、被害者への損害賠償を保証してもらえる保険です。
しかしどの保険に加入するかで事故が起きたときの補償額が違います。
事故を起こし、被害者を死亡させてしまったときや後遺症を残してしまった場合、高額な損害賠償が請求される場合があります。
自分では支払うことができない額だった場合、人生が変わってしまう恐れがあります。
それをカバーしてくれるのが任意保険です。基本的には無制限で加入している人がほとんどです。

子供11
どのような商品の保険に加入するかで保証内容が異なり、毎月支払う保険料も異なります。
保険料は家計の大きな部分を占める場合があるので無理なく支払うことができ、かつ保証内容が充実している保険に加入することが理想です。
重要なことは自分が運転する頻度や今までの事故率などを考慮し自分に一番合った保険に加入することです。
万が一事故を起こしてしまった場合、補償してもらえるかされないかで大きな違いができてきます。
また一番重要なことは事故を起こさないように安全運転をすることです。

自賠責保険は加入を義務づけられている保険ですが、任意保険と比較するとその補償の内容には大きな差があります。
まず、死亡に対する保険金は3,000万円までと定められ、死亡にいたるまでの障害に対する保険金は120万円までです。障害の場合も120万円まで、後遺障害に対する保険金は75万円から3,000万円までとなっています。但し、重度後遺障害の場合は4,000万円までとなります。但し、これらの保険は他人を死傷させた人身事故の損害に限られます。他人のものに対する賠償や、自分自身への保険はないのです。子供10
任意保険の場合は、人身事故の場合に出される保険金は無制限であることが基本的に多く、また、様々な補償がついてきます。他人の車や物などに損害を与えた場合の保険、事故を起こした時に自分自身や同乗者に対する保険、無保険の車と事故を起こした場合などに対する保険、自分の車が事故でキズをつけられたりした時に修理費用を出してもらうことが出来る保険などがあります。これらは選択することが出来ますが、自賠責の保険より幅広い補償が得られることは確実です。但し、保険内容を充実させていくと、保険料もあがっていきますので、必要なものをしっかりと選択するようにしましょう。