補償される人

対人賠償責任保険で補償される人は、基本的に事故相手となっています。自動車事故によって、他人、歩行者、他の自動車の搭乗者などにケガを追わせたり、死亡させた場合、自賠責保険で支払われる保険金を超えている部分に対して、保険金が支払われるものです。
死亡の補償費、障害の治療費、慰謝料、治療中の休業補償などがされますが、対象外になっている人もいるので、注意が必要です。まず、被保険自動車の運転者本人は当然ですが、父母、配偶者、子供などの家族も対象外となっています。被保険者が行っている業務に従事している使用人が被保険者の車を使用して被害者となった場合も対象外です。また、被保険者が了承した上で、被保険者の自動車を運転した友人が事故を起こし、怪我をしたり死亡した場合も、対象外となります。この時、被保険者が助手席などに座っていても、対象外となってしまうので注意するようにしましょう。赤ちゃん04
但し、運転者以外の友人や知人が後部座席などに乗っていて、事故が起きてしまい、ケガをしたり死亡した場合は、対象となります。あくまで、他人であることが対人賠償責任保険の対象なのです。家族に対しての補償は、搭乗者傷害保険がありますので、そちらに加入するようにしましょう。