自賠責保険の補償との比較

自賠責保険は加入を義務づけられている保険ですが、任意保険と比較するとその補償の内容には大きな差があります。
まず、死亡に対する保険金は3,000万円までと定められ、死亡にいたるまでの障害に対する保険金は120万円までです。障害の場合も120万円まで、後遺障害に対する保険金は75万円から3,000万円までとなっています。但し、重度後遺障害の場合は4,000万円までとなります。但し、これらの保険は他人を死傷させた人身事故の損害に限られます。他人のものに対する賠償や、自分自身への保険はないのです。子供10
任意保険の場合は、人身事故の場合に出される保険金は無制限であることが基本的に多く、また、様々な補償がついてきます。他人の車や物などに損害を与えた場合の保険、事故を起こした時に自分自身や同乗者に対する保険、無保険の車と事故を起こした場合などに対する保険、自分の車が事故でキズをつけられたりした時に修理費用を出してもらうことが出来る保険などがあります。これらは選択することが出来ますが、自賠責の保険より幅広い補償が得られることは確実です。但し、保険内容を充実させていくと、保険料もあがっていきますので、必要なものをしっかりと選択するようにしましょう。