過失割合で保険金額も大きく変わる

一般的に、交通事故を起こした場合、その原因を作った側が損害賠償義務を負うことになります。
しかし、交通事故の状況において、もし損害を被った者にも事故を発生させた原因、あるいは過失がある場合は、過失相殺によって被害者の過失に相応する分を減額することとなっています。
この考え方は、裁判例でも実務上も確立していて、車両の種類、事故の様子、道路交通法上の優劣関係によって、その過失割合が具体的に数字として定められています。赤ちゃん02
たとえば、加害側の過失が70%、被害側の過失が30%である場合は、過失割合7:3などという表現をします。
被害側が受けた損害額が1,000万であれば、加害側は700万円の賠償を行えばいいということになるのです。
もちろん、保険金額も大きく変わってきます。
なお、わが国では、別冊判例タイムズ『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』がよく利用されています。
同署は、自動車保険の処理をはじめ、紛争処理、弁護士による斡旋、調停や訴訟などと、交通事故の損害賠償実務において非常に多くの場で使用されています。
ただし、実際には、事故による損害総額や、当事者が加入する任意保険の補償範囲などの要因によって、過失の割合に少しばかりの変動が生じることもあり得ます。