備えあれば憂いなし!高額事故判例で賠償金が数億円になるケースもある

高額な賠償金が請求される高額事故の判例があります。例えば、事故の後に介護が必要となった場合、数億円の賠償請求がされるのです。介護費用だけでなく、介護のために必要となってくる建物の改築、ホームエレベーターの設置、トイレや浴室の改装工事、精神的苦痛に対する慰謝料など、様々なものが請求されます。また、被害にあった人が高額の年収であった場合は、得られたはずの収入を補償しなくてはいけなくなります。ある判例では、医師が事故にあって死亡し、その年収が5,000万円であったため、医師であれば70才近くまで働くことが出来たという認識により、数億円の賠償請求がされていました。–¼Ì–¢Ý’è-2
高額の請求をされて裁判にまで持ち込むことになるのはそれほど多くありませんが、実際、高額の請求をされることは多々あることなのです。実際にそれだけの費用が必要となってくるため、重度の後遺症が残ってしまった時などはとても高額になります。このような高額の賠償額を個人が支払うことは不可能です。そのため、任意保険の対人補償に入っておくことが大切になってきます。また、対人補償に加入していても、その範囲や内容をしっかり確認しておかないと、後悔します。対人補償、対物補償は無制限に設定しておくようにしましょう。保険料は高くなりますが、万一のことがあった時の補償なのでとても大切です。